丸山コーポレーション

izzat house

夏涼しく、冬暖かい、住み心地のいい家

イザットハウス特設サイトはこちらから

外断熱で、住み心地にこだわった
家づくりのヒミツ

本物の高気密・外断熱工法で日本の家づくり

イザットハウスは木造軸組工法による外断熱工法で建築しています。日本の気候に適した冷暖房費とエネルギーが無駄に使われない機密性の高い省エネ住宅を開発し、「夏涼しく、冬暖かい、住み心地のいい家」それがイザットハウスの外断熱工法です。

外断熱工法の優れた特徴

外断熱の家は「魔法瓶のような家」一度温めた空気、冷やした空気を逃がしません。しかも家全体に空気が行き渡るから、廊下もトイレもお風呂も、リビングと同じ温度。外断熱がシャットアウトするのは熱だけではなく、カビの原因になる湿気の侵入も防ぎます。もちろん冬場の「結露」はゼロ。建物や家具を長持ちさせる、見逃せないポイントです。

外断熱工法の パイオニア

イザットハウスでは「外断熱工法」を長きに渡り提唱してきました。単に「断熱材を外に張るだけ」ではなく、「現在の住宅が抱える複合的な問題をコストも含めて総括的に解決する技術体系」を追求し続けています。住宅全体の機能設計や耐久性、資産性の確保、耐震強化、換気不良、健康問題といったトータルな住宅性能のバランスに重点を置いております。